G&G ARMAMENT - OEM/ODM
 
Loading

●大人の監視が常に必要です.
弾を発射する時やゲームなどの場合は、必ずプロゴーグルを装着してください.
●不用意に引き金を引くと非常に危険です.
50m以内は危険です.
●対象年令18才以上.
取扱い説明書は最後まで必ずお読み下さい.

●購入者及び販売者は, エアーガンの使用及び所有に関するすべての現地法律に準ずる.
このページを投稿
OEM/ODM
熱可塑性樹脂の射出成形  
  熱可塑性樹脂では樹脂を高温にして溶融させ、低温の金型に入れて固化させる。 一般的に、樹脂の融点あるいはガラス転移温度より50-150℃高い温度に加温される。これは、高分子特有の粘度を低下させるためである。しかし熱可塑性樹脂は、約200℃より分子鎖の酸化分解が始まると言われている。すなわち熱可塑性樹脂の射出成形では、樹脂を高温にできないため、温度と粘度のジレンマがつきまとう。 比較的早いサイクル(数秒-数十秒)で成形できる長所を持つ反面、樹脂粘度が高いので高速・高圧充填を必要とする欠点を持つ。
熱硬化性樹脂の射出成形 熱硬化性樹脂の場合、始めに50℃前後に加温し、流動性を持たせた後、高温の金型(約150℃前後)へ充填して硬化(固化)させる。 熱硬化性樹脂は融体状態では分子量が低く粘度が低いため、高い充填圧力を必要としない。このため、半導体の封止装置等に利用されている。一方で、硬化に時間がかかるためサイクル時間が長く(数分)なる欠点を持つ。
たんぞう、forging
   
 
 
鍛造(たんぞう、forging)とは、金属加工の塑性加工法の一種。金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形する。古くから刀工が日本刀など刃物や火縄銃の銃身の製造技法として用いており、刃物の品質を向上させる努力に伴い技法が発展してきた。
金属の素材を金型などで圧力を加えて塑性流動させて成形する。鍛流線 (fiber flow) が連続するために組織が緻密になり、鋳造に比べて鋳巣(空洞)ができにくいので、強度に優れた粗形材をつくることができる。
鍛造の分
>熱間鍛造 (hot forging) :素材の変形抵抗を減少させるために再結晶温度以上の高温に加熱して成形する。
>冷間鍛造(cold press) :再結晶温度以下の常温で成形する。仕上がりの製品の寸法精度が熱間鍛造より優れる。
>溶湯鍛造:鋳造の改善工法、凝固収縮による鋳巣の発生をふせぐため、半凝固状態で加圧する。
鍛造方法
型鍛造 (die forging) :鍛造用金型を用いて鍛造する。大量生産品向き。
>自由鍛造 (free forging) :加工物を治具などにセットして、ハンマー等で成形する。熟練の技術が必要で、少量生産向き。
ふんまつやきん
 

粉末冶金(ふんまつやきん)は金属粉末を使って製品を造る製法の総称。 「冶金」は、金属学の分野のうち製法を研究する分野の冶金学などに用いられるやや古い用語。「冶」の代わりに「治」という字を用いることもある。金属部品製法の代表的なものとしては、古来からの鋳造のほか、ダイカスト、ロストワックス、鍛造、機械加工、金属プレス加工そして粉末冶金がある。金属粉末を使う主な製法は焼結(プレス成形)であり、鋳造では融点・比重の組合せで均一な組織が作りにくい合金の製造や、鋳造よりも後加工の少ない素材の製造などに利点がある。 近年、新技術として金属粉末射出成形法(Metal Injection Molding、通称MIM)が注目されている。 「粉末冶金」という言葉自体は製法(プロセス)を示すが、この製法によって作り出された部品や材質の総称については焼結合金または粉末合金という呼び方をす。

 
マシニングセンタ  
マシニングセンタ(machining center)は、自動工具交換機能をもち、目的に合わせてフライス加工・中ぐり加工・ねじ立てなどの異種の加工を1台で行うことができる工作機械。主に切削加工を目的としている。工具マガジンには多数の切削工具を格納し、コンピュータ数値制御(CNC)の指令によって工具を自動的に交換し、機械加工を行う。「自動工具交換装置を搭載したNCフライス盤」とも言える。 ワークを削る主軸が鉛直方向である「立て形」と、水平方向である「横形」の2つに分類される。ほかにも、5軸同時加工のできる5軸制御マシニングセンタや、10mものワークの加工が可能な門形マシニング・ガントリ形マシニングセンタなどもある。5軸同時加工によって,インペラなどの複雑な形状の加工ができるようになっている。 旋盤との大きな違いは、旋盤が「ワークを回転させて削る」のに対し、マシニングセンタ(フライス盤)は「刃物を回転させてテーブルに固定してあるワークを削る」点である。 NCフライス盤との違いは、ATC(Automatic Tool Changer、工具自動交換装置)の有無である。 近年は、刃物を回転させる主軸の高速化に伴って、シャンクと呼ばれる刃物を固定して主軸に差し込む部分の形状も多様化しており・BTシャンク・ISO(DIN)シャンク・HSKシャンクなどがある。これ以外にも様々なシャンク形状が提案されている。 また近年では、X・Y・Zの全軸をリニアモータで駆動するマシニングセンタが登場している。従来のボールねじ形式の場合は、バックラッシや振れ回り、摩擦に起因するスティックモーションなどがあるために寸法精度や形状精度に若干の難があった。一方、リニアモータ駆動形式では、非接触に近いため拘束力不足により、充分な減衰能が得られず重切削に難があった。しかし、ボールエンドミルを高速回転させ、微細ブロック切削送りを行う加工方法によって難切削材の加工も可能となり、高精度精密加工も行えるようになってきている。
鋳造
 
鋳造とは溶けた金属を型に流し込み、製品を製造する工法をいいます。出来た製品が鋳物です。 鋳物は固体の金属を溶解し、自由に変形しやすい液体に変えて鋳型に流し込み、目的の形を一挙に作り上げることができるという大きな特長があります。 流し込む鋳型がどのように複雑でも、流し込む金属が液体であり、力を加えなくても隅々なで流れ込み鋳型通りの鋳物ができます。 鋳物の特長としては、 複雑なもの、精密なものなど希望するほとんどの形状のものが作れる。 数グラムから数百トンまで形状、重量の大小にかかわらず作れる。 固体状態では加熱しても加工できないような 金属合金でも溶解できれば、ほとんどの金属合金で鋳物ができる。1個でも数万個でも同じものが作れる。
金属射出成形
マグネシウム/亜鉛/アルミニウム ダイカスト
マグネシウム/亜鉛/アルミニウム ダイカスト
COPYRIGHT 2012 © BY G&G ARMAMENT Best viewed with 1024x768 resolution in I.E. 7 or above browser. SINCE 1986